正月事始(ことはじめ)

12月13日は『正月事始』の日。この日から歳神(お正月)様を迎える準備を始めます。
旧暦12月13日が、万事に吉とされる日(鬼宿日)であったことから、この日に新年を迎える準備を始めるようになりました。昔は、門松にする松やおせちを調理するための薪など、この日にお正月に必要な木を山へ取りに行く習慣があり、これを「松迎え」といいます。薄れつつある年中行事ですが、そんな吉の日ということならば、ぜひ今日から少しづつ、お正月の準備を心掛けてまいりましょう。

会津絵「姫重」で迎えるお正月

今年のお正月は この会津絵の姫重で迎えようと思います。
はじめての会津訪問で、最初に会津絵を見たときに、描かれた絵柄は伝統的の柄なのに、斬新にもポップにも見えてくる意匠に、なんてうるわしい絵柄なことでしょうと感激し、それはまさにひと目ぼれでした。そして、「姫」という名前にふさわしい、まるみを帯びた、なんともうるわしい「姫重」。絵柄とも相性のよい、華やかな洗朱がさらに絵柄の意匠を引き立てており、うっとりとしばらく見惚れてしまったほど。小さいけれど存在感を感じさせるこのお重は、お正月のお節以外にも、ちょっとしたお料理や和菓子など、余白を持たせた盛り付けも映えることでしょう。
年の初めの改まった気持ちを、漆器という日本のうつわを使うことで表したいものです。

甦る『会津絵』

数百年の歴史を持つ会津漆器、 その中に『会津絵』と呼ばれる一連の漆器があります。
かつて会津藩を支えた武家社会、 その武家文化を象徴するとも思われる文様を持っています。 その艶やかさ、 美しさは時代を超えた今も、 少しも変わりません。
会津絵は、朱、緑、黄、茶などの彩漆に、ひときわ目立つ金箔を加えて、檜垣、 破魔矢、 松竹梅の文様、 鶴亀を配したものもあります。 文様の解釈は様々な通説がありますが、 総じて 「めでたさ」 を表わし、 祝いの席、祭事、 神事、 茶会などに使用されたと思われます。 文様のうち、 緑漆で描かれた松と竹は、 常緑という点から長寿を表わし、 朱漆で描かれた梅のその見事なまでの艶やかさは、 自由にどこにでものびる枝を表現して、春を謳歌するようにも見え、 華やかな繁栄を示すものでしょう。 梅の枝の漆絵の下に見え隠れするように矢羽根が描かれています。 これは戦の図をさりげなく絵の中に配し、 勝運を祈願したようにも見えます。このように武家文化華やかりし頃に誕生した会津絵も、 戊辰戦争の後には、 武家社会の解体とともに明治文明開化の中で、 いつしか姿を消してしまっていたのです。今ここに、 甦る会津絵として現代の工人の腕によって、 みごとに仕上げられ、 いつまでも美しい会津絵が引き継がれていきます。

Products