大川組子

大川組子
大川組子は室町時代より300年の歴史があり、200種類以上もある図柄を、細かく引き割った木材を、釘を使わずに一つ一つ組んでいった精巧な幾何学模様の組み合わせで図柄を表現する技法です。
様々な鉋やノミなどを使い分け2个ら1舒焚爾凌┐譴譴仞泙譴討靴泙い修Δ丙爐鮟藁した職人の手で微調整を行い計算され尽くしたパーツの寸法と先端の精密な角度、紙一枚挟む隙間もないよう、組み上げていく組子は美しさと丈夫さを兼ね備えております。伝統的な組み方はより繊細なモノとして今日に伝承され新たなシーンを演出しています。

  • 大川組子 組子灯り 角麻・洋 大川組子 組子灯り 角麻・洋
    43,200円(税抜き40,000円)
  • 大川組子 組子灯り 角麻 大川組子 組子灯り 角麻
    43,200円(税抜き40,000円)