琉球ガラス

明治時代中期頃誕生したといわれる琉球ガラス。平成10年(1998年)に沖縄県の伝統工芸品に認定。沖縄の自然をそのまま映し出したような彩り豊かな色と再生の過程で混入する気泡が独特な味わいが特徴。職人によって1つ1つ作られている為、形や色、風合いなどが違い世界にひとつだけのグラスとも言えます。新たな素材や手法などで日々進化を遂げ多彩なラインナップになっています。

  • 琉球硝子 惑星グラス 太陽 琉球硝子 惑星グラス 太陽
    4,536円(税抜き4,200円)
  • 琉球硝子 惑星グラス 火星 琉球硝子 惑星グラス 火星
    3,780円(税抜き3,500円)
  • 琉球硝子 惑星グラス 木星 琉球硝子 惑星グラス 木星
    3,780円(税抜き3,500円)
  • 琉球硝子 惑星グラス 天王星 琉球硝子 惑星グラス 天王星
    3,780円(税抜き3,500円)
  • 琉球硝子 惑星グラス 土星 琉球硝子 惑星グラス 土星
    3,780円(税抜き3,500円)
  • 琉球硝子 惑星グラス 水星 琉球硝子 惑星グラス 水星
    3,780円(税抜き3,500円)