九谷焼(石川) > 九谷焼 青郊窯 豆皿

九谷焼 青郊窯 豆皿

  • 九谷焼 青郊窯 豆皿

  • 製造元 : 株式会社青郊
    価格 : 1,080円 (税抜き1,000円)
    数量
     
    絵柄

    30,000円以上は配送料無料 ご注文のキャンセルについて 友達にメールですすめる 商品についての問い合わせ

九谷焼の伝統的な絵模様を手のひらサイズに。食器を日本のやきもので揃えてみたい、そんな方にぜひおすすめしたいのが、この九谷焼 豆皿 名品コレクションです。
大胆な意匠と鮮烈な色彩で世界を瞠目させる<ジャパン・クタニ>。「九谷焼の美を日常の食卓へ」という想いから、何十年にも渡る研究の末、青郊窯独自の絵具を開発し、絵付けの印刷化技術を習得。クオリティーの高さはそのまま、お値ごろ価格の九谷焼を生み出しました。
もとは30cm以上もある大皿の柄を現代の食卓で使いやすいサイズに縮小。「古九谷」の渋く濃い色遣いを、精緻な筆づかいで描きだす「吉田屋窯」の名品を、豆皿の上に忠実に再現しています。料理をのせる小皿としてはもちろん、鍵やアクセサリーを置いたり、お香立の受け皿に、または壁などに飾りインテリアに使っても素敵です。

  • 古九谷色絵石畳文
    色絵古九谷の幾何文様の代表作。全体を五彩で埋めた配色が美しい
  • 古九谷色絵鳳凰文
    古九谷色絵の代表傑作、白地を生かした構図に絶妙なバランスの美しい作品
  • 古九谷青手鶴かるた文
    日本的な鶴の文様と、異国的なスペード形からなる斬新な意匠の九谷の名品
  • 古九谷青手瓢箪割松図
    ひょうたん型に割り取った中にバランスよく松の木をあしらった青手古九谷(紺青・青・黄・紫の4色で描かれたもの)の名品
  • 古九谷青手椿図
    全面に椿の花弁と葉、小枝を配し3色で構成されている古九谷初期の作例といわれている
  • 古九谷色絵亀甲牡丹蝶文
    五彩で描かれた幾何模様の見込みに大胆に牡丹の花を描いてある色絵古九谷の名品
  • 古九谷色絵牡丹文
    黄、青、紫の三彩で表された模様の構成と配色バランスがモダンな古九谷の名品
  • 皿を立てる台も付いております
「九谷焼」とは

石川県念部の加賀地方一帯で生産される色絵磁器です。その始まりは1655年といわれ、豪放華麗な加賀百万石文化の美意識に強く影響され発展しました。九谷五彩(赤・青・黄・紫・紺青)に金彩を加えた重厚で華やかな色彩が特徴です。残っています。成熟した町人文化から生まれた江戸切子には、10種類の代表的なカットパターンがあり、当時の趣を今に伝えています。

株式会社青郊

昭和十年、石川県寺井町(現 佐野町)に開窯し、歴代画風を生かした、より今日的な九谷焼の創作を主旨とし、現在に至っています。特に九谷焼独特の盛絵の具を用いた物を得意とし、数十年にわたり独自で和絵の具を開発してきた、深く透明感のあるオリジナルの色調を用いて創作。九谷焼の豪放で優美な特徴を大切にし、皆様方に堪能していただける生活空間と調和したものづくりに励んでいます。

近年はその独特な素材感を生かした食器、インテリア以外のアイテムの開発を目指しており、USBフラッシュメモリーもその一つです。

商品のお手入れ、詳細情報
柄名 古九谷色絵石畳文、古九谷色絵鳳凰文、古九谷青手鶴かるた文、古九谷青手瓢箪割松図、古九谷青手椿図、古九谷色絵亀甲牡丹蝶文、古九谷色絵壺花鳥図、古九谷色絵牡丹文
サイズ 直径105×高さ20(mm)、重量170g
生産地 石川県
生産メーカー 株式会社青郊
原材料 陶磁器、青郊製和絵の具
お取り扱いのご注意/お手入方法 九谷焼製品の高台(ハマ)の部分には釉薬が施してありません。このため、床の間、花台、棚、テーブル、漆仕上げなど表面が比較的やわらかく傷のつきやすいものの上でお使いの場合は特に気をつけてください。
外箱の有無 外箱有(化粧箱)
納期 ご入金確認後3〜10日前後で発送致します。実店舗との在庫共有の為、在庫がない場合はお取り寄せとなり、お時間を頂戴する場合もございます。